ホワイトニングの薬剤自体は体に悪いものではありませんが

インプラントのメリットは、入れ歯やブリッジとは違い、インプラントを適用する歯の周りへの負担を減らすことができるという点です。

真面目に経営している歯科医であればちゃんとお金がかかることを説明してくれますので、治療を受ける前にちゃんと分かるまで話を聞いて、納得してから治療を受けましょう。

歯周病と糖尿病は素人目には全く関連性がありませんが、実はとても関わりが高いのです。

糖尿病になると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿の人は唾液が普通の人よりも少ないので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、ここから歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと予想されます。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自分では分かりませんので、糖尿病にかかっているということに気付けない人がほとんどですが、歯の定期検診によって血糖値が高いことに気付くことがあるわけです。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の状態は全身の状態に直結しているという考え方もよく聞きますので、ブラッシングは時間をかけて行うようにしましょう。

歯が痛くなくても歯医者に行くのは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

なぜかと言うと、歯周病になっていても痛みがほとんどないため、自分で気付くことはまれだからというのが理由です。

また、そもそも歯石を歯磨きで完全に取り除くことは難しいので、定期的に歯科検診を受ける必要があるのですが、ちゃんと分かっている人は4割もいないようです。

初めてかかる歯科ですと、不思議とレントゲンを撮影することが一般的ですが、これはレントゲンでないと確認できない体の内部の状態を把握するために行っているのです。

歯医者の定期検診なんて行きたくないと思っているでしょうが、初期の虫歯に気づかず歯がダメになり、入れ歯になるよりはずっとマシです。

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、いつもの歯科を決めてカルテを保存しておいてもらい、虫歯を作らないようにするべきです。
ビルドマッスルHMB

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病をきっかけとして歯がダメになることも多いです。