可能な限り未然に予防できるよう努力しましょう

インプラントの利点は、入れ歯やブリッジとは違い、歯や歯茎にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

患者第一で治療をしている歯医者であればちゃんとお金がかかることを説明してくれますので、治療前に十分話を聞いて、納得してから治療を受けましょう。

歯周病と糖尿病は一見すると何のつながりもないように見えますが、両者はとてもつながりがあるのです。

糖尿病になると生体本能である抵抗力が下がるので、口腔内にいる細菌に歯周組織が感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌が不足するので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと予想されます。

高血糖は自分では分かりませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯の定期検診によって糖尿病の可能性に気付くことが珍しくありません。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の状態は体全体の健康に密接なつながりがあるという話もよく聞きますので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが、実際は密接なつながりが深いのです。

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌にたやすく感染し、その結果として歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内の酸が減らないので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

高血糖は自覚することができませんので、糖尿病に罹患していても気付けない人がほとんどですが、歯周病と診断されたことで血糖値が高いことに気付くことがあるわけです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の状態に直結しているという考え方もありますので、歯磨きは丁寧にしましょう。

インプラントとは、分かりやすく説明すると入れ歯のことです。歯周病など口腔疾患がもとで歯が欠けたところに作られた人工の歯根を植え、その場所に歯を植え付けるのです。
はぴーと