開始前に歯科医師に知らせておくべきです

歯ブラシは毛の程度に個性がありますが、やはりやわらかめのものを使うのが良いと思います。

お金持ちの客層を狙い、品質の高いハブラシも発売されているのですが、ハブラシには1本に費用をかけるのではなく、時々取り替えるのが一番いいです。

ハミガキがきちんとできれば歯の再石灰化が作用し、歯周病にならなくなるので、その価値を理解して一度はちゃんと勉強しておきましょう。

歯ブラシの取替ををする間隔は人によって違いますが、専門家が推奨している間隔は驚くほど短期間で、3週間くらいです。

ハブラシはパッと見はきれいでも、時間が経過することで毛先に細菌が無数につくので、案外不衛生なのです。

また、毛先が開いた状態だと歯と歯のすきまに先端が届かないので、食べかすを確実に落とすことが出来ないのです。

歯ブラシは毛の先端のやわらかさに違いがあるのですが、やはり硬め選ぶのが良いでしょう。

リッチな客層を対象に、品質の高いハブラシも売られていますが、歯ブラシには1本1本に費用をかけるのではなく、月1で替えていくのが最も効果的です。

ハミガキが確実に出来ると歯の再石灰化ができ、虫歯になりにくくなりますので、馬鹿にしないで時間を作ってきちんと学習しておきましょう。

歯を白くしたいと思っている人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うも1つの選択肢ですが、奥さんにやってもらうホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者専用のマウスピースをまず作り、そこに専用のホワイトニング薬を投入して毎日90分くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは、1週間から2周間程度で変わったと思えるのが標準なのですが、毎日マウスピースを使っていなかったり、時間が不足していれば、結果が出なくても誰も責められません。
乳酸菌革命

ホワイトニングで得られる歯の白さの水準は普通の人の予想を越えますが、東幹久みたいな不自然なほどきれいになることは普通は無理なのです。

なお、ホワイトニングの薬剤自体は健康への悪影響はないですが、アレルギーを持っているような人の場合はパッチテストが必要なので、最初から歯科医師に知らせておくべきです。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が全く成分として使われていないものが理想です。

発泡剤入りの歯磨き粉をおすすめしない理由は、歯磨きの最中に口の中が泡で満たされるため、良い歯磨きをしたという気分になるのですが、それは残念ながら間違いです。