月別アーカイブ: 2017年2月

可能な限り未然に予防できるよう努力しましょう

インプラントの利点は、入れ歯やブリッジとは違い、歯や歯茎にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

患者第一で治療をしている歯医者であればちゃんとお金がかかることを説明してくれますので、治療前に十分話を聞いて、納得してから治療を受けましょう。

歯周病と糖尿病は一見すると何のつながりもないように見えますが、両者はとてもつながりがあるのです。

糖尿病になると生体本能である抵抗力が下がるので、口腔内にいる細菌に歯周組織が感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌が不足するので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと予想されます。

高血糖は自分では分かりませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯の定期検診によって糖尿病の可能性に気付くことが珍しくありません。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の状態は体全体の健康に密接なつながりがあるという話もよく聞きますので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが、実際は密接なつながりが深いのです。

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌にたやすく感染し、その結果として歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内の酸が減らないので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

高血糖は自覚することができませんので、糖尿病に罹患していても気付けない人がほとんどですが、歯周病と診断されたことで血糖値が高いことに気付くことがあるわけです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の状態に直結しているという考え方もありますので、歯磨きは丁寧にしましょう。

インプラントとは、分かりやすく説明すると入れ歯のことです。歯周病など口腔疾患がもとで歯が欠けたところに作られた人工の歯根を植え、その場所に歯を植え付けるのです。
はぴーと

毛先が開くことによって歯と歯の間にブラシが届きませんので

最後は歯ブラシを小さく動かして、歯を1本ずつ確実に磨いていくことのようです。

ハミガキの理由は何個も存在しますが、最も肝心なのは歯垢を歯から取り除くことで、これができませんと口腔疾患の一因となり、80歳で22本以上の歯を残すことは不可能と考えられます。

歯石は水溶性がなく、粘着性があるためにうがいでは除去が無理ですので、ハミガキがどの程度きちんと行われているかが決定打になるとのことです。

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うというやり方もあるのですが、自分1人でもできるホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、そこにホワイトニングのための薬剤を2日に1度、3時間くらい装着することで実行します。

ホワイトニングは、2週間もあれば効果を実感することができるのが普通ですが、しっかりマウスピースをはめていなかったり、時間が不足していれば、もっとかかることもあります。

ホワイトニングで得られる白さの段階は期待を超える場合が多いですが、東幹久みたいな普通では考えられないほどきれいになることは普通は無理なのです。

なお、使用する薬剤は健康への悪影響はありませんが、アレルギーを持っているような人の場合は心配なので、最初から歯科医師に伝えないといけません。

フッ素入りの歯磨き剤を子どもが使うのは危険じゃないの?と気を揉む父親がたくさんいます。

そのワケは、フッ素を過剰に摂ると、斑状歯や骨硬化症などの病態が出るかもしれないから、らしいです。

フッ素は、基準値を超すような異常なフッ化物を含む飲み物を飲んだら、体に悪い影響がある可能性があるのは、世界での統一見解です。

ですから、別の言葉で言えば、歯磨きで取り入れるくらいの量であれば、大げさに気を揉むことはないというのが定説ですので気にしないで大丈夫です。

むしろ、フッ素を使っているのが言い訳になり、ついつい油断してしまい、食事に甘みのあるものを多く食べさせてしまう方が問題です。

歯周病とは、歯垢のストレプトコッカス・ミュータンス菌が原因で歯に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯がダメになることも多いです。
ゼクシィ縁結び

大人の口内には200種類~450種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらの細菌が固まって歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば何のつながりもないように見えますが

ハミガキの理由はいくつも存在しますが、もっとも大事なのは歯垢を口内から除去することで、これが出来ないと口腔疾患の原因となって、90歳で22本以上の歯を維持するのは不可能です。

歯石は水溶性がなく、粘着力があるから洗口では取り除くことが不可能ですので、歯間ブラシがどの程度確実に出来ているかが決め手になるらしいです。

歯磨き粉を選ぶ時は、発泡剤が使われていないものを選ぶのがおすすめです。

発泡剤入りの歯磨き粉をおすすめしない理由は、歯を磨いた時に泡で口の中がいっぱいになるため、良い歯磨きをしたという気分になるのですが、その勘違いは正した方がいいです。

かえって泡だらけになってしまうことで口の中がよく見えず、汚れを落とすべきところをしっかり清掃できないというデメリットがあるのです。

ブラッシングは口腔内を清潔にすることが目的ですから、その邪魔になるようなものが含まれている歯磨き粉が不適切なものであることは明らかです。

歯磨き粉の原料には様々なものが使われていますが、おすすめできないものはこの他に研磨剤もその1つとして指摘されています。

研磨剤は歯の表面を削ってしまうので、一時的に歯がツルツルになったような気分になるのですが、長期的には歯の表面に色がついてしまう理由になるのです。

歯磨き粉は必要性を感じないと言っている歯科衛生士もいるので、最低限、先入観だけで選ぶのはやめましょう。
スマートビークル

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病をきっかけとして歯を失うことにもつながります。

口腔内には200種類~400種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらの細菌が固まって歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にもたくさんあり、歯ぎしり、食習慣、喫煙、糖尿病、ストレス、薬など多くの種類があります。

歯周病は時代の進化とともに進行を食い止めることも不可能ではなくなりましたが、いずれにしてもまだ完治とはいかないので、基本的には自力で防ぐことが大事です。

そのため、虫歯も歯周病も、まずは歯磨きをちゃんとしないことには防げませんので、歯科で正しいブラッシングなどを指導してもらい、できるだけかかる前に予防できるよう意識すべきです。

歯が痛くなくても歯医者に行くのは、歯を老後に残すためにも重要です。